02.25
Wed
月に吠えらんねえ17話掲載、アフタヌーン4月号本日発売です。
150225.png
今月は6話で壊れてしまっていたチエコさんのお話です。
『智恵子抄』は近代詩の中では出色のメジャーな詩集で(昭和16年の出版当時からベストセラーでした)
映画や劇や小説など様々な分野で題材にされているのも詩集としては珍しいことだと思います。
詩集だけれど一つの物語になっている、具体性があるというのが広く受け入れられた所以なのかもしれませんね。
ぜひ読んでみてください。
>>>青空文庫「智恵子抄」

光太郎智恵子関係の書籍もたくさん出ていますが
中でも、月吠的には、草野心平の『わが光太郎』(今出ているものだと講談社文芸文庫、1990)
をおすすめ致します。

あと今回出てきている梶井基次郎作品、カジくんについてはまた後日。

余談ですが、今回の作画中、とても悲しいことがありまして、
また同時に体調がガタガタで心身ガッタガタで作業していたのですが
今回に関しては、元気な時よりもガッタガタの時に描いた方が良かったかな…という気がします。
時間がなくて絵が荒れる(これはどんな時でもダメ、反省…)のとは別種の不安定さが今回に関しては相応しいような…。
今はもう元気です、こういうことは今回限りにしたいです。

さらにさらに余談。今回のお話とは関係ないんですけれども
私はベタですがフェリーニの映画『道』が好きで、
ジェルソミーナが最も理想のキャラクターというぐらい大好きでした。
この間久しぶりに観て、意識していたわけではないけれど
時々朔くんの描写に自分にとってのジェルソミーナ感が出てるなあと思いました。
10話で走っていくところとか、全体のシルエットとか…。

月吠はまじめな時間の連載中に突然ぽこんと湧いてきた話で、
無意識に任せている領域が多く、自分の中の、昔好きだったものとか子供の頃に影響を受けたもの、
普段意識しないけど抱えている宝箱の中身がぽつぽつ転がり出てることがあるなあと感じます。
朔くんのジェルソミーナ感もその一つだなあ〜と。
萩原朔太郎や近代詩自体もその、宝箱にしまわれていたものだったんですけどね。
『道』未見の方がいらしたらぜひ観てみてください。
back-to-top