11.25
Mon
本日25日、アフタヌーン1月号発売です。
「月に吠えらんねえ」3話掲載されています。よろしくお願いしますーー!
3話も63pあります。へろへろになりました……
131124.jpg

そうそう、そして、アフタヌーンは今月号から電子書籍配信されています。
雑誌はかさばるから…と敬遠していた方もぜひ!!
http://afternoon.moae.jp/news/656

1,2話は以前書いた通り結構ネーム修正をしたんですが、
3話はほとんど書いた当時のままで、1、2話よりも思いついた当初の原始的な状態が残っています。
最後の柱にもあるとおり、ここまでで序章?出だし?は終わり、次の4話はだいぶ雰囲気が変わります。
そうそう、柱とか扉とかのアオリ文とかキャラ紹介とかって、私も雑誌を読むまで何が書かれているのかわからないんですが、毎回ひそかに楽しみにしています。
これこそ雑誌掲載時でしか読めないものですね。

雑誌掲載時…で思い出しました。
3話一番最後の「内部に居る人が畸形な病人に見える理由」を『ARS』初出のものか『月に吠える』収録時のものかで迷って、
初出の「それをそんなに怪異がるならば、おそらく馬鹿氣きつた説明をやりますが、」の所は好きなんですが
最後の「もちろん、」以下は月に吠える版の方がばしっと決まってるので
結局月に吠える収録のものにしたんですけれど
最後で朔は「ARS」を読んでいてそこも実際ARSに掲載されたものではなく月に吠える収録のものになっているので
こういう真似は朔太郎伝記的なものだったら絶対できないよなあというか
何を書いてるかわからなくなりましたが、つまり、ええ、まとめると、
雑誌掲載状態と単行本収録時の違いを見比べると面白いよねということでどうでしょう。

あ、あとそう、この「内部に居る人が〜」単品で見ると異様な詩ですが(白秋あての手紙での図解も良いですよね)、
「ARS」誌面では、犀星「罪業」「別離」大手拓次「夜会」山村暮鳥「囈語」「私は分析する」「その皮を剥がして」、ときて
「内部に居る人が〜」と並んでいるので全然浮いていないというか綺麗な流れが出来ています。
前の方には巻頭は鴎外で次に光太郎、そして晶子の「君のみが戀人なりとわれ云はる長き懺悔を聞けるしるしに」と鉄幹とのドロドロの歌が並んでいたりして
それぞれの作家の作品集で読むのと雑誌で読むのとでは印象が変わって面白いので
当時の雑誌をなるべく集めようなんてしてるもんだから本棚がいくつあっても足りません……
back-to-top