06.18
Thu
今日はプチ更新で、
朔太郎氏の未発表ノート(公表を意図しない下書き、メモ)から、お気に入りをご紹介します。

************************************
おひきずり

 ある天気のよい春の朝、一人の見知らぬ男が私を訪ねてきた。
長いじめじめした上衣の裾を床の上にひきずつて、たいそう青ざめた顔をして。
「何といふおひきずりだらう」と私が心に思つた。彼はだまつて、なんのあいさつも
しないで、私の坐つてゐる背後から風のやうに部屋を通りすぎた。
 私はあつけにとられた。みると、じめじめした水が床の上にのこつてゐた。多分、
あの男の裾がひきずつたあとなので、私は恐ろしくなつた。悪熱がからだを這ひまはつた。
私はいきなり戸をあけて、おもてへとび出さうとして立上がつた。しかし、立てなかつた。
腰が椅子にねばりついた。
 しばらくして夢からさめた。私は卓にもたれて居眠りをしてゐたのである。
 夕方になつて、私はあの男がほんたうに、夢でなく私を訪問することを恐れはじめた。
ところが、実際にやつてきた。だれかが戸の外で私をよんでゐる。私は恐ろしさにふるへ
ながら、も少しで窓からとび出す所だつた。しかし私はうごけなかつた。足が床にこびり
ついた。
 しばらくして夢からさめた。私はまだ卓にもたれてゐた。眼をあけてみると、たそがれ
のうら悲しい光線がカニのやうに室内を這ひまはつてゐた。
 おひきずりはたうとう私から別れてしまつた。夢から夢の中に、ふたたびくることのない
遠い遠い「時」のあなたへ。

ーーー「ノート 五」『萩原朔太郎全集 第十二巻』
************************************

この十二巻の未発表ノート篇は、活字化困難なものは写真で収録されています。
すごくこう、秘密をのぞいてしまっているような申し訳なさも感じつつ、この巻好きなんです…。

全然大したことがないんですが、苦手な方もいらっしゃるかと思い、
Twitterではモザイクかかっています。大きいサイズはクリックで。
1506182.png

06.12
Fri
今日は作品紹介として、芥川龍之介、室生犀星が同じ出来事を別個に書いている例を紹介します。
150612.png

19話で朔?の「妹」が出てきましたが…
朔太郎、妹たち、犀星、龍之介、堀辰雄が軽井沢で落ち合った際の出来事です。

●●室生犀星の場合●●

「詩人・堀辰雄」室生犀星『室生犀星全集 第九巻』より
************************************
(前略)

旅館住ひといふものは、女の友人がゐないと心もとないものである。
芥川と僕とは、孰方にも女の友だちのない軽井沢のつるやで、いはば、一人くらゐ女の人が
たづねて来てくれればよいといふ、いくらかの空虚な感じで旅館の庭とか、応接間とかを出たり
這入つたりしてゐた。そこに堀辰雄が加はりいくらか賑かになつたが、堀はつるやに泊つてゐたのか、
町で部屋借りをしてゐたのか、僕にははつきり覚えがない、多分、町に部屋借りをしてゐたのであらう、
いや、それともつるやに泊つてゐたやうにもおぼえるが、そんなことはどうでもいい、……
 そこに萩原朔太郎君から突然電報が来て、明日そちらに行くといふのである。僕はそれを芥川と堀に
話をして、萩原は前橋にゐるのだから、前橋と軽井沢とでは二時間しかかからない、明日は早くに着く
だらうと三人は何となく萩原を待つやうになつた。萩原は芥川と初対面のやうな気がしてゐる、それで
なくとも何度も会つてゐるわけではない、その翌日、萩原はおもひがけなく、一等大きい方の妹さんの
ゆき子を伴つてゐたが、勿論萩原一人だと思つてゐた僕もちよつと驚いた、さきに何度か会つてゐるので、
萩原が出掛けやうとするとわたしも行くといふふうに連れ立つたものらしい、萩原は妹が四人もあつて
四人とも並外れて綺麗だつたから、鳥渡女のことで悲観するとすぐ妹をつれ出して歩くといふふうであつた。
ゆき子さんはもうお医者の夫人になつてゐられ、こどもさんもあつた程だ、だから物腰もきちんとし、
整つた美貌とやせぎすななりとは、柔らかいきれあぢのあざやかさをもつてゐた。芥川は上機嫌になつて
これからどこかに、くるまを飛ばさうといつた。そんなことではどこかに平常の遠慮をもつてゐる芥川に
くらべ、その日は少しも気を兼ねないで自分でくるまを言ひつけたりした。僕は何だか萩原もその妹まで
すつかり奪られたやうな気がし出し、やきもちも手伝つておれはいやだといつてことわつた。何故出かけ
られないのだといつたから、仕事にことよせてやはり頑固にことわつた。
芥川は邪魔者の僕がゐないので彼は頑固だから打つちやつて置きませうと、萩原の妹にさういつて取りなさう
としたゆき子を止めた。その日の芥川はたとへどういふ場合でも、女のひとが一人交つてゐたら大上段に
構へて、対手をえらばずに、妙な本能で進めるだけ進める人に見えた。
 かれらが戻つて来た時は、僕のきげんもだいぶなほり、さすがの芥川も気をかねて、べちやくちやと
お弁茶羅(べんちやら)をいつていた。堀辰雄はとても途中の景色はよかつたといつたが、一等若いかれは
あがつてそはついてゐた。
 午後おそくになつても、妙なぐあひになつた芥川と僕と、それをかぎつけてゐる堀とは、妙なぐあひを解く
ことができず、萩原と芥川は文学論みたいなものをはじめた。ゆき子さんは買物などをととのへに町に出掛け
たあと、芥川は何度も君、妹さんは美人だねとくりかへしていつた。萩原は妹の綺倆を自慢にしてゐるはう
だから、人の好いムシ歯を見せてくつくつと笑つた。全く萩原朔太郎といふひとはくつくつと世にも可笑しげに、
笑ふことでは子供のやうにきれいに笑ふ天才だつた。
 晩食後に、はな札を引かうと、みんながつるやの奥座敷の芥川の部屋に集まつた。僕は平常とは一本ぶん
余計に晩酌をやつて、加はつた。れいの妙なぐあひは花を引いてゐるあひだにも、続いた。
それは僕のやきもちもあつたが、芥川の邪魔者は殺せの感じもつうんと、僕をしげきしてゐた。温和しい
堀辰雄は真中にゐて、どちらにも快活になれないふうだつた。
 僕は配札の番になり、ばらばらと撒いて行くと、場と手との配り方をまちがへ、それを撒きなほすと手元が
辷つて、花札はわざとしたやうにこぼれてしまひ、こんどは念をいれて切つて見て、また、花札はくづれた。
僕は四人の眼があつまつてゐるなかで、おちついて撒かうとするほど場札を一枚よけいに出したりして、頭が
くらくらして来たが皆はひと言も、しくじりについて小言をいはなかつた。だまつてゐるのが意地悪にさへ
思へて来たのだ、平常つけつけと物言ひをする萩原までが、だまりこくつてゐた。あ失敬、こんどこそ旨く
撒かなきやと僕はあやまるやうにいつて、ぱらぱらと撒いてさらに配ると、八枚あるよと萩原はいひ、畳の
上にその札を置いた。また、撒き直しをすると、どうにもまともに配れない札は手元でくづれてしまつた。
堀辰雄がいつた。また間違へた。その言葉がきこえると、ええ、こんなもの、と僕は掴んでゐた花札を、
どうにも処置出来ないでそこに叩きつけた、いまから思ふとまだ三十代ではあつたが、よくもあんなことが
出来たと恥かしいくらゐであつたが、僕はそのまま立ち上ると、茫然と四人の正坐してゐる姿を上の方から
見下ろして、自分の部屋に戻つてしまつた。水をがぶつと飲み、そして寝床で呑む酒をちびちびやつて、
やつと落着いて来た。何てばかをやつたのだ、僕は呑むほど呑んでねどこにはいつたが、だいぶ経つてから
そつと誰かが忍び足でやつてくるらしい、萩原ぢやない、堀か、一等若いし僕が見てきますよと言つて、
堀が引きうけて様子を見に来たらしい、そしてすぐ隣室とこちらの部屋のさかひめあたりから、足音は間もなく
消えてしまつた。向うに行つたやうでもなく佇(た)つてゐるやうすもないのだ。少時して僕は障子をあけて
廊下を見たが、誰もゐよう筈がなかつた、僕はねむれぬまま酒をのみはじめた、夜中に呑むくせのある僕は、
酒は押入れに何時でも女中を呼ばなくとも、好きなとき呑めるやうにしてあつた。そしてやつとねむれる前に
気をつけたが、皆のゐる奥座敷は声も笑ひもなくしづかであつた。
 昨夜はどうも失敬と頭をかいて見せたが、芥川はべつに何にもいはなかつた。その日の午後、萩原は四万温泉に
まはつて見ようといつて、立つて行つた。そして元どほりの旅館ずまひが僕らを、おちついた退屈のなかに旨く
はめこんでくれた。べつにかれこれ僕らはその日のことを言はないでゐたが、僕がどうしてゐるかを見とどけに
来たのは、やはり堀であるらしく、それをたうとう問ふひまも、かれの生がいに見出しもしなかつたのである。

(後略)
************************************


「詩人・萩原朔太郎」室生犀星『室生犀星全集 第九巻』より
************************************

(前略)
萩原は妹おもひの男である。四人の妹の上三人は結婚してゐたが、幸(ゆき)子といふ一等上の妹を
彼はなかんづく愛してゐて、旅行にはよく連れて出掛けてゐた、萩原家は伊香保に近い前橋にあつたから、
夏になると伊香保に行かなければ水上温泉とか越後の鯨波海岸とかに旅行する習慣がついてゐたらしく、
それもほんの四五日の間であるが毎年出掛けてゐた、そのたびに幸子を誘うて同伴であつたが、ほかの妹達と
あまり出掛けてゐない、一番末の愛子なぞと旅行したといふことは聞いたことはないが、幸子は萩原が大森に
越してからも、しばらく滞在してゐることも私は聞いてゐたし、一番下の愛子はずつと大森の家に同居してゐた。
たくさんの妹達はそれぞれに眼に立つ美貌をもつてゐたが、なかんづく幸子はなみはづれた整うた美人であつた。
萩原がこの幸子を引つ張り出して軽井沢にも再度行つたことがあり、芥川も旅館にゐ合せて私と芥川の間に気拙い
こともあつたが、芥川は端麗な人をすぐ好きになるくせがあつた。このことは小説堀辰雄の中に書いたから省くが、
ともかくも萩原は美貌の妹を美貌だといふことを判然と知つてゐて、自慢してゐたやうなものである。
 田端にゐたころ知り合つた芥川龍之介は、或日大森の新井宿街道を人力車に乗つて馬込村の萩原の家を目ざして
馳つてゐた。そして東馬込にはいる坂下の向うから来る人力車とすれちがひになり、女の人はその貴公子然たる
龍之介先生をはつとしたやうな眼色で見返り、龍之介のことならこれもきつと振り返つて見たにちがひない幸子
夫人を、すぐさま萩原の妹だと直覚して、萩原の家につくとこのことを話し、そして幸子夫人であることを
知つたのである。芥川はあとで真白な空気の中で見た幸子夫人をむやみに褒め、こんな時に芥川は濁つた喉声に
なるくせがあり、あれは稀な美人だと繰り返していつてゐた。
(後略)
************************************


●●芥川龍之介の場合●●

「軽井沢の一日(仮)」(『芥川龍之介全集 第二十三巻』岩波書店、1998)

※A=芥川 H=堀辰雄 M=室生犀星 S=萩原朔太郎 I子=アイ Y子=ユキ

***********************************
千が滝に別荘を貸りてゐるYが来てゐた。二人で二階に話してゐた。そこへ「Aさん」と言ふHの声がした。
肘かけ窓の障子をあけて見ると、Hは庭を隔てた廊下にゐ、姿は松や【二字欠】のかげになつて見えないが、
「Sさんが来ました」と言つてゐる。
「あとで行く、今Y君が来てゐるから。」
しかしYにSの来たことを話し、すぐに自分だけMの部屋へ行つた。廊下に桃色や黒のパラソルがねかしてあるので
Sの細君も来たのかと思つた。が、部屋へはひつて見ると、一人はI子と言ふSの妹、もう一人は丸髪に結つた、
知らない人だつた。Sは白い背広を着、あぐらをかいたまま、「やあ」と言つた。I子やもう一人の女の人は
「どうぞあちらへ」と言つた。「あちら」と言ふのは座敷の奥、即ち床の間の前なのだ。好い加減な所に坐ると、
Mは(机の前に坐つてゐたが)「I子さんは知つてゐるね。これもS君の妹さんだ」と丸髷の人を紹介した。
丸髷の人は愛想よくお辞宜をした。
暫く(五六分)話してから、部屋へかへり、Yと一しよに午飯を食つた。Oの悪口など話題になつた。
それから、又YとMの部屋へ行き、YをSに紹介した。(Sの妹たちは彼等の部屋へ行つてゐた。Sは短いMの単衣を
きてゐた。)二時頃皆で散歩に出た。宿の前には昨夜来た羽左エ門や梅幸の立つ所だつた。梅幸(洋服を着た)は
Yに「やあYさん」と言つた。「あなたもこちらですか?」「いいや僕はA君をたづねてやつて来たんだ」梅幸は
ちょつと自分の方を見た。自分は何だか嫌な気がして、匆々貸下駄をはいて外へ出た。SやSの妹たちはもう外に
立つてゐた。ちょつとMの来るのを待つてゐると、女中が下駄ばきで午飯のメニユーを持つて来た。
往来で「チキンカツレツにお椀に」などとやるのはちよつときまりが悪かつた。これは何もSの妹たちに対して
ではない。女中がSやMにメニユーを見せてゐる間に 自分はHやSの妹たちと宿の前の路へはひつた。右側が
別荘の塀になつてゐ、左側はやはり石垣をつんだ別荘の庭になつてゐる。その小路へはひつて四人とも立ち止まつた。
が、自分は手もち無沙汰だつたので少し先歩いて行き、綺麗な流れの橋の上へ行つた。ふりかへつて見ると、
もうSやMもおひついて皆こちらへ歩いて来た。
テニスコートを見た。それを見るのはMの発議だ。けふは女は一人もテニスをしてゐない。皆男ばかりだ。
テニスコートの横を万平の方へ歩きながら、Mは「万平へ行つてアイスクリィムをのまう」と言つた。
自分は三尺をしめてゐたし、素足だつたし、ひげものびてゐたから、それに反対し、Brett's Pharmacyで
アイスリィムをのまうと行つた。Brett's Pharmacyと言ふのはコートの側にある薬屋なのだ。Mは「ぢや
よすか」と言つた。橋まで行つてひきかし、(auditoriumの芝生には白樺の影が落ちてゐた。)Brettへ
はひつた。板張りの床へ下駄で上るのはいつもながら気がとがめた。皆でココアサンデエをのんだ。自分の隣
にはI子さんが坐つた。I子さんもY子(Sにきいた)さんも言葉少なだつた。相客にスポオトできたへ上げたらしい、
体格の好い二十七八の男が学生と一しよにゐた。二人とも運動服を着、ラケツトを持つてゐた。(自分のパナマを
Sが褒めた。自分はそのパナマの手にはひつたことを話した。Y子さんはパナマを手にとつて見て、「上等でござい
ますわね」と言つた。)自分はサンデエをもう一杯のみたかつたが誰も賛成しなかつた。
郵便局の前でYに別れた。Yはそれから千が滝にかへるのだ。かへる時にあした来ないかと言つた。行つても好いと
答へた。
煙草屋の横をはひり、アタゴ山の方へはひつた。別荘ばかり並んだ小路だ。一二町行つた所でMは「休まう」と言つた。
Mは疲れ易かつた。男は皆別荘の低い石垣に腰をかけて休んだ。女は立つてゐた。それが如何にも手もち無沙汰らしかつた。
五分ばかりして引き返した。西洋人の子供が二人自転車にのり、「はい はい」と変な調子で言つてゐた。
往還へ出る角の果物屋へより、Sは浅間ぶどうを買つた。紫より藍に近い色のぶどうだ。「西洋人は煮てジヤムにする」と
果物屋の主人が言つてゐた。買つたのはSの発案らしかつた。往還には西洋人の青年と子供とが大きい犬を二匹引つぱつて
ゐた。ちよつと無気味だつた。水車の横を通り、宿へかへつた。
その晩自分は自分の部屋で食事をした。それからMの部屋へ行つた。MはSとビイルをのんでゐた。Sの妹たちは部屋へ
かへつてゐた。自分はSにY子さんの名を教はつた。Sは「あれ Tが好きなんだ。あれもTの小説をよんでゐる。君のも
Rだけはよんでゐる」と言つた。MはY子さんよりもI子さんが好きらしかつた。「あの顔は特色があるね」などとも言つて
ゐた。そこへHも来た。それから皆で花をやるかKさんの麻雀戯をかりてやるか、どちらかしようと言ふ事になつた。
が、麻雀戯はMもSも知らないので(Sは教はつてもやりたがつてゐたが)花にする事にした。花は宿のを借りた。
カトオサンが持つて来た。黒ばかりだつた。
花はSの部屋へ行つてした。妹たちはもう二人とも浴衣に着かへてゐた。生憎碁石は宿で碁を打つてゐる人に借りられて
ゐるので、その代りにSの名刺を使つた。Y子さんは小さいサツクにはひつた日本鋏を出し、Sの名刺を四つに切りながら、
「何しろ鋏が小さいものだから」などと言つてゐた。三十一と聞いて見れば成程もう皮膚も荒れてゐる。しかしSには多少
甘えた、親しみのある口をきいてゐた。M、S、I子、Y子、H、自分の六人に名刺の切れを分け(一枚一貫)、借り貫は
軸の赤いマチにきめ、更にSが規則を半紙へ鉛筆で書いた。Mは面倒臭がつて「もう好いぢやないか」と何度も言つた。
花は一勝一敗あつたが、Mの親になつた時、Mは札を配る前にSにのぞんで貰ふのを忘れた。それをSに注意されてやり直した。
やり直したが今度はまく順を間違つた。それで又やり直すと、今度は又のぞんで貰ふのを忘れた。皆可笑しがつてMに
いろいろの事を言つた。Hも「Mさんはうちで花をやる時に僕等が何かやると、生意気だと言ふ」と言つた。するとMは
怒つてHの顔を見、「僕がそんな事を言ふかな」と言つた。と思ふと花をチヤブ台に叩きつけ、「よさう」と言つて部屋へ
帰つて行つた。皆ちよつと毒気を抜かれた。Mは癇癪を起す動機を数日前から蓄へてゐた。それは第一に天候、第二に
隣室の肺病の客、第三にKさんなどと話す時にHや自分に優先される不快、第四に今日立たうとしてゐた所へSの来たこと
などだつた。
僕らはつづけて花をやつた。Hは存外ふだんと変らなかつた。Sは「あれはM君の癖だ」と言つた。しかしMの気もちを劬はる
気色はないでもなかつた。一番その時特色のあつたのはY子さんだつた。Y子さんは濃い眉一つ動かさずに「すぐにお直りに
なるんでせう」と微笑してSに尋ねてゐた。いかにもそんな事には慣れ切つた態度だつた。どこか冷たい強さのある態度
だつた。そのうちにSは便所へ行き、かへつて来ると、「今M君の部屋を覗いたら、よく寝てゐる」と言つた。「寝てゐても
眠つちゃゐないよ」「さうかな」ーーそれから皆花をした。
その晩R氏が自分の俳句の悪口を言つたので、自分は怒つて、R氏の銅色の頬をぴしやぴしや打つた。しかしR氏はすまして
悪口を言つてゐる。それを父や叔母が心配してゐる。そんな夢を見た。あけがたに見たので、さめたあとも変な気もちが
して不快だつた。Mの怒つた印象が夢になつたのだと思つた。

************************************

と、 だいぶ違います。

萩原兄妹の来訪は犀星の当時の日記から、大正十四年八月二十四日のことだとわかります。
芥川のは未発表の日記で大正十四年九月筆とされており、犀星の「詩人・堀辰雄」は昭和二十八年九月筆、
記憶の面でも芥川の方が正確な経緯が記されているんでしょう。
犀星の実録的な文章は記憶の錯誤が多く、別の文章だと記述が変わってることも多々あり、犀星が書いてるからそれを事実とみなすのはあまりよろしくないとは思います。あくまで犀星の記憶の中での人物像であり、それが実像ではないけれども
生き生きとした人間、キャラクターとして我々の胸に迫ってくることが大事なんであってそこに小説の妙技といいますか…
何を言ってるかわからなくなりましたが…
それに、30年近く経ってもこんなに覚えている犀星すごい!とも!
(ところで、犀星がもっと前の時期に、アイさんもいたように書いている文章も見た記憶があるんですけれどちょっと見当たらず…記憶違い??ご存知の方いらしたらご教示いただけますと幸いです…)

ただ、犀星は堀辰雄が自分の様子を見に来たと思っているけれど、実際は朔太郎が見にきていたらしいところがちょっと切ないですね。

犀星の記憶の中では軽井沢に同行してないことになってしまったアイ(愛子)さんは、のち三好達治と結婚、一年足らずで離別した
方ですけれども、前も書いた気がしますが本当に朔太郎氏に似ているなあと感じます。
ユキ(幸子)さんは、よく朔太郎関係で出てくる写真、朔太郎がマンドリンを抱えて椅子に座り、膝下に座り寄り添っている女性その人です。犀星が書いているように朔太郎が一番大事に思っていた妹らしく、若い頃の長文の手紙が残っています。
芥川にアイさん派と書かれている犀星は、アイさんについては少女時代から知っていて、以前紹介した『我友』など、佐藤惣之助追悼関係でもたびたび書いており、気遣っている様がうかがえます。
三好とアイさんの件は知らなかったようですが、もし知っていたら犀星ならどんな風に書いていたんだろうなあ…と思います。
なお、三好とアイさんについては、既に参考文献にあげている以外にも、
二人が三国で暮らしていた頃交流のあった畠中哲夫氏の『三好達治』(花神社、1979)『詩人三好達治 -越前三国のころ-』(花神社、1984)もおすすめです。『天上の花』の作者萩原葉子氏との対談も収録されています。
back-to-top