09.25
Thu
月に吠えらんねえ12話掲載、アフタヌーン11月号本日発売です
1409244.png

12話では犀星の『動物詩集』を使わせていただきました。
『動物詩集』は犀星の少年向け詩集で、出版は昭和18(1943)年。
いくつか出てきている、犀星戦争詩と同時期に書かれたものです。

その序詩を紹介します。

:::::::::::::::
生きものの

いのちをとらば

生きものはかなしかるらん。

生きものをかなしがらすな。

生きもののいのちをとるな。

ーーー室生犀星『動物詩集』
:::::::::::::::

犀星の戦争詩について書きかけては、
もっと後の方がいいかな、と置いておいてるのですが
犀星の戦争詩はなんというか犀星らしい視線が残っているのがなんとも複雑で。
詳しくはいずれ…。

『動物詩集』は、恩地孝四郎氏(『月に吠える』の装幀も担当された方)の挿画も含めて
とても可愛らしくて読みやすいので、ぜひ手に取ってみていただきたいです。

そういえば、はるみくんとの会話について
今回だけ読むと「レイテは?」と思われるかもしれませんが
2巻収録の9話を読んでいただくとそのあたりわかると思います。

そう、2巻は10月23日(木)発売です!
どうぞよろしくお願いします。
140923.png

back-to-top