05.25
Sun
編集部宛に届いた、直筆のお手紙を受け取りました、お寄せ下さった方々、ありがとうございます!
ぬほおお嬉しいです…資料を送って下さったかたまで…忝いです!
年賀状をくださった方にも…遅くなってしまってすみません。
お返事致しますので、恐縮ですが、もうしばらくお待ち下さいませ!

今の時代だからこそお手紙って…本当にありがたく嬉しいです。


話は変わりまして9話について。

朔の心理描写は作品理解の補助として
『月に吠える』成立前の朔太郎の精神状態を表すノートや書簡が
ベースになっていると以前書いたと思います。
あくまでベースで、後の時代の心境もまぎれこんでくるので厄介ですけれども。

今回「淋病」が出てきますが…
これは、大正三年の朔太郎が「肉交をしていないのに淋病に罹った」という体験が
草木姦淫罪という…妄想?いや朔太郎にとっては実感?に繋がり
『月に吠える』浄罪詩篇へと繋がっていったという流れがあります。
これについてはまたいずれ説明させていただきます。

ベランダのあたりの場面。
くだくだと書くのもあれですから
資料だけ載せておきます

****************************

大正三年十月二十四日(推定)北原白秋宛書簡『萩原朔太郎全集 第十三巻』

(前略)

十八日、晴明のヹランダ、安楽椅子のうへ、紅い毛布の夢みる感触、
なにか哀しく私は泣いた、双手で顔を蓋つて居たけれども涙はとゞめなく
頬に流れた、烈しい憤怒ののちのものまにや性の哀傷、くるめく
奔狂の恋魚は胸いつぱいに泳ぎまはつた、光る天景、
うらうらとはれわたつた小春日の日光、みどりの松の葉、
どういふわけか室生君が恋しくてたまらなくなつた、
遠くの空で彼が私を呼んで居る、あなたはそばで子守唄を
うたつて居る、しづかなしづかな夢みる東京麻布高台の小春日に
私の涙はきりもなく流れてやまなかつた、松のみどり葉と笹の葉が
わけもなく私の新らしい涙をいざなふ、
私はあんな快い、そして哀しい思いをしたことは今迄に一度もない、
私は哀傷にほとんどたえられなくなつた、心中ひそかに、
あなたが私のそばに立寄れんことを怖れて居ました、若し椅子のそばに
あなたが来られたならば私の哀傷はあなたの手を涙に汚して醜い絶叫と
変じたに相違ありません、

(中略)

祖父さんのとめるのを無理にふり切つても、あの晩はあなたに逢はずには
居られなかつた、その日以来、あなたはほんとうの私の恋人になつてしまひました、

(後略)

****************************


この時に書いたと思われる未発表詩です。
アフタヌーン掲載時の二話に一部引用してあったものです(単行本では変更されています)

****************************

「室生犀星に」『萩原朔太郎全集 第三巻』

室生犀星に
   ー十月十八日、某所にてー

ああ遠き室生犀星よ
ちかまにありてもさびしきものを
肉親をこえてしんじつなる我の兄
君はいんらんの賤民貴族
魚と人との私生児
人間どもの玉座より
われつねに合掌し
いまも尚きのふの如く日日に十銭の酒代をあたふ
遠きにあればいやさらに
恋着日日になみだを流す
涙を流す東京麻布の午後の高台
たかぶる怒りをいたはりたまふえらんだの椅子に泣きもたれ
この遠き天景の魚鳥をこえ
狂気の如くおん身のうへに愛着す
ああわれ都におとづれて
かくしも痴愚とはなりはてしか
いちねん光る松のうら葉に
うすきみどりのいろ香をとぎ
涙ながれてはてもなし
ひとみをあげてみわたせば
めぐるみ空に雀なき
犀星のくびとびめぐり
めぐるみ空に雀なき
犀星のくびとびめぐり
涙とどむる由もなき
涙とどむる由もなき。

****************************

この時期の朔太郎の書簡は詩の草稿のような状態になっているものが多くて
(奔狂の恋魚とか光る天景とか…後から詩で使うようなキーワードが)
そこに着目すると、詩の形成過程を探るうえで面白いです。
おそらくは白秋宛ての手紙を書いた後で「室生犀星に」を書いたんだろうと。
草稿と発表詩の違いとか、初出と詩集収録時の違いとか
言葉が磨かれる過程ー創作の秘密が覗けてしまうのが全集の醍醐味ですよね!

しかし白秋がこの手紙を保存しておいてくれてよかったなあとつくづく思います。
この時期の犀星宛のものはほとんど残っていないだけに。
書簡を整理し『若き日の欲情』(角川書店、1949)にまとめた木俣修氏は「編纂餘語」の中であれほどよく
転居した白秋がこれだけの書簡を保存していたことは驚異と述べておられ、
伊藤信吉氏は『萩原朔太郎 Ⅰ浪漫的に』(北洋社、1976)の中で
大正三年以前の朔太郎の白秋宛て書簡が残っていないことから
最初のあいだは届いた手紙を捨てていたのが、
ある時から書簡にあふれる浪漫的情熱を感じ、行李へ投げ込んで取っておいたのではないかと推測しています。

朔太郎がこのように詩情が爆発したような手紙を書いていたのはこの時期だけだと…書簡を通して読むと感じます。
(全集補巻収録の萩原栄次氏宛も良いです)
その点からも、この時期の書簡は詩の前段階のノートとしても価値があるように思います。


全く関係ありませんが
5話の扉絵の没ラフがありました。
当初のイメージでは白さんが椅子に座っていてまわりにガールズという感じだったようです
1405255.jpg

05.24
Sat
本日発売のアフタヌーン7月号、月に吠えらんねえ9話が掲載されています。
140524.jpg

主人公が久々に色々と全開です。
ここまで月吠は一話完結に近い形で進んでいましたが、
9話はギアチェンジにあたる回で、ここから連続した形になっていきます。
それもあって、9話は途中で終わってる感じで物足りなく思われるかもしれません。
無念なことに体力的にこれまでのページ数の維持が難しくなってしまったため、
すみませんがしばらくこのペースで、おつきあいくださいませ…。

また、一話完結っぽくなくなるので、
単行本お読み下さり、雑誌で追おうか迷っている方がいらっしゃいましたら、
ぜひこのタイミングで!よろしくお願いします。

9話前半には朔太郎の「蟲」(『宿命』より)をかなりダイレクトにお借りしています。
青空文庫のリンクです。
http://www.aozora.gr.jp/cards/000067/files/1790.html

これが私はとても好きでして、というのも、私も…私も、というのは不遜ですけれども
子供の頃から今に至るまで、言葉、単語の切れ端が唐突に浮かんで離れなくてずっとぐるぐる回り
数日間頭がそればかりになってしまうということがよくあるのです。
言葉だけでなく特定のイメージだとか。こちらはそのまま漫画の場面になっていくこともあるんですけれども。
幸い、日常生活に支障をきたすほどではないんですが、
「蟲」を読んだ時は、ああ、わかる〜〜!と激しく共感したのです。
ただ朔太郎先生の、電車の中で話しかけたり友人に問いつめたり「皆知ってて教えないんだ」となってしまうあたりは、
やはりここが常人と天才の決して埋められない差、さすがです、感服仕ります。
そういうわけで共感しつつさすがーと実感する「蟲」とても面白いので…最後の本人解説も一緒にぜひ読んでみてください。

『宿命』は朔太郎最晩年の散文詩集です。
特に後半の、「月に吠える」時代の感覚を喪失した老境の嘆き、ぜひ読んでみていただきたいです。

あと、ベランダあたりの場面についてはまた後日、
戦争詩のことも、6話の時に書きそびれているのでいずれ…。


用途不明の没ラフ?を見つけました。
1405242.jpg

05.19
Mon
先日掲載されました新聞記事につきまして。
記事では「朔太郎が主人公の漫画」「数々の作家が登場」とされていますが、

月に吠えらんねえの主人公はあくまで
「朔太郎の作品からイメージした架空の人物である朔」でして、
実在の作家をキャラクター化して登場させているわけではないこと、
こちらからは掲載前に修正を求めていましたが、記事には反映されなかったこと。

を記しておきます。

とはいえ非難しているわけではなく、取り上げていただいたことには大変感謝していますし、
読者にわかりやすく伝えるという目的、限られた字数では仕方ないことだと思っています。
ただ、取材を受けている記事である以上、
こちらの見解と違うということは注記しておく必要があるかと思いました。
繰り返しますが、非難しているわけではありません。

月吠は朔太郎の書き残したものを詩も評論もノートも書簡も並立したテキストとして
組み上げたファンタジー漫画で(これは私が朔太郎作品に触れた最初が朔太郎全集で、詩集単体で出会わなかったことによると思います)、
朔太郎の実際の人となりやエピソードも(作品理解の要素として)編み込んでいるから
ややこしいんですけれど…

主人公の名前が朔太郎ではなく朔であることにも
実在の作家の人生とはかけ離れていることそのものにも意味を込めているつもりであり、
しかしその「つもり」が伝わらないのはひとえに私の力不足であり、
情けなく申し訳ない思いがするのでした。

この漫画が完結する頃には、
作家自身ではなく作品からのイメージだからこそ成立している漫画だと、
納得できるものになっているよう精進致します。

最後まで描きたいなあ描けるといいなあ…。

***********************
さて全く関係ありませんが、
コミックス1巻ではかなりの量の没ラフが出ました。
貧乏性なので、他で使うこともなさそうなものをここでちょっとまとめてのせちゃいます。
comicb01.jpg
これは実際のカバーの元になった絵です。
comicb03.jpg
comicb05.jpg
comicb04.jpg
comicb06.jpg

そういえば朔の着物の色は一定していません。
こちらは1話見開きのカバーの、全体の青がないバージョンです
comicb07.jpg
後から青が乗るのが前提なので髪色も違いますが…

しおりでもまた色が変わっています。
siori01sam.jpg

そう…ええ…着替えてるんじゃないでしょうか…。
05.16
Fri
メッセージ下さった方、ご感想下さった方!ありがとうございます。
俳句の話で、というリクエストいただきましたので3話の俳句バトルについてです。

それからTwitterプレゼント、たくさんのご応募ありがとうございました!
当選者の方にはDMで順次連絡が行くようです。
しばらくお待ち下さいませ。

では俳句の話です。

※※私は文学を専門的に勉強したことのない一愛好者でして、
間違っている可能性が大いにあります。ご容赦を!

haiku00.jpg

haiku01.jpg
haiku02.jpg
haiku03.jpg
haiku04.jpg
haiku05.jpg
haiku06.jpg
haiku072.jpg
haiku082.jpg
haiku09.jpg
haiku10.jpg

05.11
Sun
本日5月11日は萩原朔太郎氏の命日です。
140511.jpg


朔太郎の故郷前橋市では様々な催しが行われています。

日曜日ですし、萩原朔太郎に興味出てきた!という方、この機会にお出かけしてみてはいかがでしょうか。

第42回朔太郎忌 朔太郎ルネサンス in 前橋

前橋ポエトリー・フェスティバル2014

私も行きたかったです……

1405112.jpg

1405113.jpg

1405114.jpg

05.09
Fri
告知できておらずすみませんでした、
Twitterプレゼント第二弾、本日9日が〆切です。

詳細はこちらへ!
http://afternoon.moae.jp/news/1151

第一弾第二弾と分かれてしまったため、両方応募の方は再投稿しないといけないようになってしまって恐縮です。
ご応募お待ちしております!

それから、1巻の電子書籍版が本日より配信開始となりました。

月に吠えらんねえ1巻 電子書籍版

電子書籍をご利用の方、ご都合よろしい所でぜひよろしくお願いしますーーー
1405092.jpg
(シキさんの機械は7話で出ました)

さて…近日ノートか番外編を更新したいですが…
氷島の話にしようかな、俳句バトルの話にしようかな、考えながらひとまずお休みなさい…
何か、これについて書けというご希望ありましたら
こちらの「感想を送る」からででもお寄せくださいませ。
http://afternoon.moae.jp/lineup/313
back-to-top