04.30
Wed
いよいよ明日5月1日から9月30日まで
石川近代文学館様にて常設展内特別展示
「『月に吠えらんねえ』刊行記念 室生犀星と□(詩歌句)街の仲間たち」
が開催されます。


開催を記念して、ご来場いただいた方の中から抽選で
私の色紙をプレゼントさせていただくことになりました。
入館の際(9月30日まで)に
『月に吠えらんねえ』を持参していだいた方に
「直筆色紙応募券」が配布されるそうです。
抽選で1名の方に色紙を描かせていただきます。

キャラも何人でも描きます!ぜひ月吠1巻をご持参くださいませーー

詳しくは

石川近代文学館様 公式Twitterへ!

1巻発売間もなくにして、このような企画を立ち上げていただき本当に本当に嬉しいです。

ゴールデンウイークや夏休み、ぜひぜひ犀星の故郷/金沢へ…
よろしくお願いします!!

犀星自筆原稿は5月8月は現物を展示、それ以外は複製の展示のようです。
犀星の字、可愛らしくて大好きです。朔太郎の字も若い頃はかわいく、晩年の字は「ああもうどうでもいい!」という感じがして大好き。白秋先生の流麗な字も大好きです。
1404302.jpg


(みみずの赤ん坊の由来です)
____________________________

さて私はやはりぶらぶら金沢にゐて本屋の店頭に、毎日いちどづつ現はれ雑誌と
単行本とを見に行つた。明治四十四年頃の私の毎日の日課は一日に一度づつの、
本屋訪問がぬきさしならぬ文学展望のかたちになつてゐた。
私はそこで四六判の横を長くしたやうな東雲堂発行の『朱欒』といふ、
白秋編集の詩の雑誌を見つけた。そして私は白秋宛に書きためてあつた詩の中から、
小景異情といふ短章からなる詩の原稿を送つた。例の<<ふるさとは遠きにありて
うたふもの>>といふ詩も、その原稿の中の一章であつた。もちろん、返事はないが
翌月の『朱欒』に一章の削減もなく全稿が掲載され、私はめまひと躍動を感じて
白秋に感謝の手紙を送つた。
(ずっと十年も後の年、私が小説を書くやうになつてから、酒席ではあつたが
白秋はひときは真面目な顔附で、どうも君くらゐ原稿の字の拙い男はない、
あて字だらけでみみずの赤ん坊のやうでまるで読めなかつたと彼は微笑つて言つた。
では何故掲せたのだときくと、字は字になつてゐないが詩は詩になつてゐたからだ、
故郷の郷といふ字も碌にかけない男だと、彼は妙な愛情で私の字の拙いことを
心から罵つてくれた。)

ーー室生犀星『我が愛する詩人の伝記』より
____________________________
04.26
Sat
1巻の特典、恵文社バンビオ店様もネット通販でもペーパーが付いてくるようです。
京都のお店なので京都がテーマでした。よろしければーー

アニメイト様もまだ特典ついてくるようです


三省堂書店様は店頭にて!

それでは久々の番外編です。
以前書きましたとおり、5月1日(木)より石川県金沢市の、石川近代文学館さまにて
常設展内特別展示「『月に吠えらんねえ』刊行記念 室生犀星と□(詩歌句)街の仲間たち」
を開催していただけることになりましたのを記念し…たつもりがそうなれなかった

「1915年金沢の旅」

1404261.jpg
1404262.jpg
1404263.jpg
1404264.jpg
1404265.jpg
1404266.jpg


04.25
Fri
8話はチューヤくんの話でした。

最初に出てくる「四季」の人々は、どれが誰だかご想像いただけると…
といいながら、このブログのどこかにヒントがあったりします。
ようやくたっちゃんも出てきました。

後半の、朔&チューヤの会話について補足してみます。
(特にネタバレにはならないと思います)

朔太郎と中也は『四季』同人同士だったわけですが、お互いへの言及は多くはありません。
どういう記述をどういう風に変換しているかの一例として、少し長くなりますが引用させていただきます。

_____________________________
「萩原朔太郎評論集ー「無からの抗争」ー」『中原中也全集 第3巻』角川書店

萩原氏の本はよく売れるさうである。ところで萩原氏は文学的苦労人である。氏に会つてゐると何か暖いものが感じられる。
だから氏の本がよく売れることは、私としても喜びである。
氏は実に誠実な人で、いつ迄経つても若々しい。一見突慳貪(つつけんどん)にも見えるけれど、実は寧ろ気が弱い迄に
見解の博い人である。然るに氏のエッセイはとみると、時にダダツ子みたいに感じられる時がある。
蓋し淫酒のせゐである。而してその淫酒は氏の詩人としての孤独のせゐである。
私は何故か萩原氏を思ふたびに、次のポオロの言葉をくちずさみたくなる。
「私は強き時弱く、弱き時強し。」

_____________________________
「中原中也君の印象」『萩原朔太郎全集 第九巻』筑摩書房

 中原君の詩はよく読んだが、個人としては極めて浅い知合だつた。前後を通じて僅か三回しか逢つて居ない。
それも公会の席のことで、打とけて話したことはなかつた。ただ最後に「四季」の会で逢つた時だけは、いくらか落付いて話をした。
その時中原君は、強度の神経衰弱で弱つてることを告白し、不断に強迫観念で苦しんでることを訴へた。
話を聞くと僕も同じやうな病症なので、大に同情して慰め合つたが、それが中原君の印象に残つたらしく、
最近白水社から出した僕の本の批評に、僕の人物を評して「文学的苦労人」と書いてる。
その意味は、理解が広くて対手の気持ちがよく解る人(苦労人)といふのである。僕のちよつとした言葉が、
そんなに印象に残つたことを考へると、中原君の生活はよほど孤独のものであつたらしい。
大体の文学者といふものは、殆んど皆一種の精神病者であり、その為に絶えず悩んでゐるやうなものであるが、
特に中原君の如き変質傾向の強い人で、同じ仲間の友人がなく、その苦痛を語り合ふ対手が居なかつたとしたら、
生活は耐へがたいものだつたにちがひない。前の同じ文中で、中原君は僕のことを淫酒家と言つてるが、
この言はむしろ中原君自身の方に適合する。つまり彼のアインザアムが、彼をドリンケンに惑溺させ、
酔つて他人に食ひついたり、不平のクダを巻かさせたのだ。この酒癖の悪さには、大分友人たちも参つたらしいが、
彼をさうした孤独の境遇においたことに、周囲の責任がないでもない。つまり中原君の場合は、強迫観念や
被害妄想の苦痛を忘れようとして酒を飲み、却つて一層病症を悪くしたのだ。所でこの種の病気とは、
互にその同じ仲間同士で、苦悩を語り合ふことによつて慰せられるのだ。酒なんか飲んだところで仕方がないのだ。
 中原の最近出したラムボオ訳詩集はよい出来だつた。ラムボオと中原君とは、その純情で虚無的な点や、
我がままで人と交際できない点や、アナアキイで不良少年じみてる点や、特に変質者的な点で相似してゐる。
ただちがふところは、ラムボオが透徹した知性人であつたに反し、中原君がむしろ殉情的な情緒人であつたといふ一事である。
このセンチメントの純潔さが、彼の詩に於ける、最も尊いエスプリだつた。
_____________________________

他に朔太郎は中也を「懐中に短刀を入れてる子供の図」を感じるなどとも書いています。
上記の中で「僕の本の批評」と示しているのが、上の「萩原朔太郎評論集ー「無からの抗争」ー」に該当します。
中也の実際の文章とは、微妙なズレがあるのが朔太郎らしいです。

ここから、原稿料など三好達治の記述だったり、朔太郎の自分の神経症についての記述、
などを加えて煮込んだものに
月吠漫画としてのテーマ性という香辛料を加えて
(これがひどいにおいだったり味だったりするんですが)ああいう会話になっています。
飛躍の仕方の一例として紹介させていただきました。

そういえば、1巻の参考文献は、読んだ本のうち本編に反映されてると思われるものを挙げさせていただいております。
これで全てということではなく(ブログで紹介してるのに書かれていない本もあったりしますし)、2巻以降随時追加致しますのでご了承ください。

1巻といえば、「まじめな時間」にひきつづき、芥さんに素晴らしい装丁をしていただきました。
カバー下の表紙、レトロな本の感じになっているのは「月に吠える」初版のカバー下デザインのパロディになっています。
中身については、連載時のアフタヌーンをお持ちの方は、単行本と雑誌掲載時との違いを見つけるのは間違い探し状態で面白いかもしれません。
総数はいくつになるのか自分でもわからない量の間違い探しですが…

1巻に関連して、とある没ネームを。
ええ…。
1404252.jpg

04.25
Fri
お知らせです!

5月1日(木)より
石川県金沢市の、石川近代文学館さまにて
常設展内特別展示「『月に吠えらんねえ』刊行記念 室生犀星と□(詩歌句)街の仲間たち」
を開催していただけることになりました!


室生犀星、萩原朔太郎、中原中也などの貴重資料とともに、
おそれおおいことに私の出力原画を展示していただきます。

詳しくはこちら

石川近代文学館様公式Twitter

真に光栄なことです…私も見に行きたいです〜!
皆様もぜひ!犀星の故郷、金沢へ!

140425.jpg

そして、
1巻発売から数日(地域によっては今日ということもあるようですね)、
本日発売のアフタヌーン6月号には月に吠えらんねえ8話が掲載されています!

100424.jpg

今回はチューヤくんのお話。前回お休みだった朔くんも出ます。
ここまでは一話完結に近くて、1巻から一気に飛んでもそれほど支障はないと思いますので
1巻を手に取っていただいた方、ぜひ今後は毎月のアフタヌーン連載でもおつきあいいただけると嬉しいです!

内容についてはまた後日。

ただいま開催中、1巻発売記念のTwitterプレゼントもよろしくお願いします〜〜〜!

http://afternoon.moae.jp/news/1101

04.23
Wed
月に吠えらんねえ1巻発売になりました!
どうぞ、どうぞよろしくお願いしますー……

ato0.jpg

紀伊國屋書店新宿本店さまには色紙を展示していただいています。
よかったら見てみてください。

それから、Twitterプレゼント企画を開催中です。
アフタヌーン作品では時々行われているのでご存知の方もいらっしゃるでしょうか。

参加方法は
・Twitterのアフタヌーン編集部公式アカウント(@afternoon_manga)をフォローする
・ハッシュタグ #月に吠えらんねえ を付けて
『月に吠えらんねえ』1巻の感想をツイートする
です。何度でも可能です!

詳しくはこちらをご覧下さい。

http://afternoon.moae.jp/news/1101

イラスト色紙はお好きな「月吠」キャラを3人までご指定いただけます。
3人以内なので、1人でも2人でも大丈夫です。

もう一つの、しおりプレゼントについては準備中なので今しばらくお待ちください。
こちらも描きおろしイラストです。
詩集等を読むおともにしていただければと…。

★★募集期間は4月23日〜30日です★★

短期間なので、お気をつけ下さい。
ぜひぜひご参加くださいませ。どうぞよろしくお願い致します!

なお、電子書籍配信は五月以降の配信開始となるようです。
配信日が決まり次第Twitter等でお知らせします。


まとめ
ato3.jpg
ato2.jpg
ato1.jpg

04.20
Sun
ご無沙汰しております
4月23日、月に吠えらんねえ1巻の発売日が迫ってまいりました。
ページ数が多いのと増税とでちょっとお高いんですけれども…何卒よろしくお願いします…!
tsukihoe_cover2.jpg

遅くなってしまいましたが、店舗特典をお知らせします。

アニメイト様全店・三省堂書店様全店・恵文社バンビオ店様にて
月吠1巻をお買い上げいただくと、それぞれ別種の特典ペーパーがついてきます。
それぞれ、煙草/読書/京都をテーマにした書き下ろしです。
お近くにお店がある方はぜひ!
アニメイトさんはネット通販でもペーパーは付いてくるようです


電子書籍配信は五月以降の配信開始となるようです。
配信日が決まり次第Twitter等でお知らせしますので今しばらくお待ちください。

他にも近日中にお知らせすることがあるのでTwitterをチェックしていただけるとありがたいです。

ここまでのまとめ
BlGbyWkCQAE5K3f.jpg
ato7.jpg
ato6.jpg
ato5.jpg
ato4.jpg


back-to-top