01.26
Sun
前の記事で書いたら、早速にご感想くださった方々ありがとうございますー!
びっくりすることもあったり!

5話については自分でこういうことを言うのは甚だアレなのですが
後から意味がわかる回ではないかと思います。
色々??と思われるかもしれませんが、この漫画の厄介なところとして、
その??は元作品を読んでいないからではないので安心してください、
基本的に元作品(という言い方はどうかと思いますが…何と言えばいいでしょう、発想元にさせていただいている作品ということです)
を読まなくても話はわかる、元作品を読むと由来がわかる
というように作っていくつもりなので、その、長い目でみていただけると幸いです
小ネタについては読んでいないとわからない所もあるかもしれませんが
話自体は、何も参照しなくても、終わってみれば、わかる、はずです
いやこんなことを書いて情けなくお恥ずかしいかぎりです…

乃我有くんは、朔太郎/白秋の書簡や選評や編集雑記や
白秋の弟子希望者への仕打ちエピソードなどなどからできたキャラです。
201401262.jpg
双方、詩の投稿者などが自分達の模倣で溢れるのに辟易としていたようですが
当時の雑誌を見ると、確かに、白秋が麗らか状態だった時期は投稿欄も「麗らか」で溢れています。
採用したものでこれだけ麗らかで没にした麗らかはどれだけ麗らかだったんだろうと…

朔太郎で引用しておきますと
:::::::::::::::::::::::::::::::

『日本詩人』より 感想『萩原朔太郎全集 第十四巻』

第一に驚いたのは、先輩の模倣とは行かないでも、感化のあとの著るしすぎることだ。
殊に私の詩風を追従するものの多いのにはいつも乍ら苦笑される。
今度の投稿中でも、それが全体の約三分の一も占めてゐる。
(中略)
模倣といふことは、詩の初学者にとつて大に必要のことである。
模倣なければ独創もない。模倣しつつある間に、眞の個性が芽生えて来るのである。
模倣は決して排斥すべきものでない。しかし模倣は一つの練習にすぎない。
それより換骨して追従といふ所まで行かなければ、とにもかくにも芸術とは
言へないのである。すべて第二流以下の芸術家とは、この追従者の群を指すのである。

選評
一、失望!例の如し。
一、天才出でざるか?
一、先輩の追跡を止めよ!
一、甚だしきものあり。朔太郎の口調をマネるべからず。
一、朔太郎のマネは取らず。
一、他の選者のマネは尚採用せず。

:::::::::::::::::::::::::::::::
こんな感じです(褒める時は褒めています)
なお、二話で詩の選評を…という場面がありましたが、初期のネームだとこんなでした。
201401261.jpg

詩人は天才云々は
:::::::::::::::::::::::::::::::
「詩人たらんと志す若い人々へ」『萩原朔太郎全集 第十四巻』筑摩書房

(前略)
小説とか美術とか言ふものだと、多少或る程度まで修養と勉強で物になるが、
詩の方は全然生れつきで、後天的の修養なんていふやうなものは、殆ど全く
無意味なことに属してゐる。即ち諺にも言はれる如く、詩人は作られるに非ずして生れるのである。
だから「勉強して詩人になりたい」などといふ考は、始から途方もない妄想で、それを思ふだけでまちがつてゐる。
(中略)
詩が入り易く何人にも作れるものであると同時に、また極めて稀有の天才の外、
眞の詩人には成り得ないもの、決して何人にも作り得ないものだといふことを、よく心得ておかねばならぬ。
(小説等はこの點が反対であり、容易に修養なしには入りがたいが、その代りにはまた、
だれでも一通りには作家たり得る。つまり詩は純粋の「天稟」であり、小説等は多少教養によつて出来る「製品」である。)
(後略)
:::::::::::::::::::::::::::::::
こんな感じです。
非才なる私めは、天才が俺は天才だって言ってるのが、眩しい〜〜!ってなって好きなんです。

朔太郎に限らず、作品の選評は作家の好みがよく表れてて、当時のはまた結構バッサバサぶったぎってて読んでて面白いです。
選句そのものを自分の創作と言いきった虚子のように、何をもって良しとするかそのことがもう芸術的行為だなあと
あとアンケートとか、全集の大体後ろの方の巻の、ちょこちょこしたの、楽しいです。
あと5話に関しては…前「後日」といっていた白さんのこわさについて、近いうちに書きたいと思っています。
01.25
Sat
本日1月25日は北原白秋の誕生日、故郷柳川では白秋生誕祭が行われるそうです。
そして無関係な白さんも誕生日。□街から女の子が消える一日のようです
140125.jpg

そして本日発売!のアフタヌーン3月号に掲載されている月に吠えらんねえ5話は白さんメイン?回です。
5話も60p、へろへろになりました…
14012552.jpg

しかし毎回思うことですが、このご時勢このネームにOKを出して載せてくれている
(通常回で60p台連発してるのも私の一話を短ページでまとめる能力の無さゆえで、
へろへろになってるのは全くの自業自得なのです)
担当さんとアフタヌーン誌がありがたいです…。

それから、年賀状を送っていただきました、大事にします、ありがとうございます!
ありがたいことに朔のイラスト付きで…自分の漫画のキャラを誰かに描いてもらうって嬉しいものですねーー

あと、こちらのブログの拍手の存在に今になって気づきました、
通知も何も来なくて…失礼しました…ありがとうございました!

ご意見、ご感想はぜひぜひこちらの「感想を送る」からお願い申し上げます、
http://afternoon.moae.jp/lineup/313
ブログでこういうの書いて説明して、とかもご意見いただけると嬉しいです。
全てに、また即座に、というのは難しいですが、できるかぎり反映させていこうと思います。
01.21
Tue
一日過ぎてしまいましたが
1/20は尾崎放哉&西脇順三郎の誕生日でした。
無関係な天気屋(西)とJUNのマスターも誕生日でした。
1401212.jpg

会話が弾む気がしません

西脇順三郎は近代詩というより現代詩の出発点という印象なので
月吠の世界にはそぐわないのですが…好きなので登場させてしまいました。
ノーベル賞候補になっていたという報道もありましたが
そのわりに一般的に読まれていないんじゃないかと……
いきなりだととっつきにくいとは思うので、詩に慣れてきたころにぜひぜひ読んでみていただきたいです!

尾崎放哉は「せきをしてもひとり」が有名なのですごく有名というイメージでいたんですが
実はそうでもないのかも…?と思いはじめています。どうなんでしょう?
放哉にしろ山頭火にしろ、色々読んでいると「井師」荻原井泉水の面倒見のよさに感服しますよね…
3話でちょっと出ている自由律俳句のことについてはまた後日書きたいと思います。
01.14
Tue
※1/11の記事の絵の続きです
※3、4話を読んでいないと意味不明かもしれません…

1401141.jpg
1401142.jpg
1401143.jpg
1401144.jpg
1401145.jpg
1401146.jpg

01.11
Sat
11日ですが、あけましておめでとうございます!今年も月に吠えらんねえをよろしくお願いします。

20140101.jpg

今年は単行本一巻発売予定もあったり、月吠にとって大事な年…体を壊さず書き続けられるよう
初詣に行ってお祈りしたいです。行けてないです。行きたいです!

クリスマスに発売された4話については色々説明しなければいけない気もしますが説明しない方がいい気もしますしどうなんでしょう…
もっと話が進んでからの方がいいかもしれません。

朔は勿論、作品の印象からできているキャラクターですが、前にも書きましたが書簡や日記や、本人以外の、たとえば犀星が朔太郎について書いた文章も朔の構成要素として考えています。
朔太郎はどういう心理状態からあの詩を生み出したのか?という所に関心があるため、大正3、4年のその時期にフォーカスを当てている仕様になっています。
ただ常にそうというわけではなく、ミヨシくんといる時には「氷島」の頃の…ええとそのおいおい…おつきあいいただけますと幸いです…


一点小ネタ?を。作中で朔の母親が「朔ちゃん」と呼んでいることについてです。
140111.jpg

大正四年一月、朔太郎が白秋に熱烈な手紙を送り続けている最中、白秋が
「一月の九日頃、何の気もなく銀座を歩るいてゐた私は、ふいと前橋の萩原朔太郎君に逢ひ度くなつて、上野へ飛んでゆき、同君に打電して置いて、
すぐ汽車に踊り込んで了つた。雪後の午前である。ひろびろとした野原は雪で真白くなつてゐた、真黒い人間が二三人折々向うを歩いてゐるのが雪に鋭く映る。
萩原君は高崎まで迎ひに来てくれた。それから前橋に着いて、私は七日ほどすつかり私の書斎を忘れて暮した。そのうちに尾山篤二郎君がまた私を追つて来たのである。」
(「地上巡礼」2巻2号 編輯室夜話ー『白秋全集 37』岩波書店 所収)
と記しているとおり、前橋に一週間滞在します。
朔太郎の方の歓喜は、ぜひ『萩原朔太郎全集 第十三巻』筑摩書房をご覧下さい…
上記にある、後から合流した歌人尾山篤二郎(この時に撮影した、記念館等でよく見られる写真の左から朔太郎、白秋、一番右、白秋の腕を組んでいる方です)
にこのような一文がありまして

「表で一杯飲んでゐるうちに萩原が北原と口論をやりプイと席をはづしたので、私が萩原の家へ見にゆくと、お母さんが私をつかまへて
「先刻朔ちやんがおいおい泣きながら帰って来ましたが、どうしたんでせう」とひどく心配するので大に恐縮した。
そして二十五六にもなつてゐる萩原がオイオイ泣きながら訴へる慈母を持つてゐることが頻りに羨しかつた。」
(尾山篤二郎「全集と作品」昭和18年小学館版『萩原朔太郎全集』第五巻附録)

「朔ちゃん」はここから来ています。 
※この頃朔太郎は実際は二十八才ですが白秋達には年齢サバ読み申告しており、『月に吠える』序文で白秋が「君は私より二つ年下で、室生君は君より又二つ年下である。」と言っているのはそのためです
※尾山氏は2014年元日をもってパブリックドメインになりました

小学館版は最初の朔太郎全集で、以前触れた、編集方針等をめぐって犀星と三好が大喧嘩したものです。
上記の文章、他の本に引用してあって、どこに収録されてるのかさがしても見つからなくて、
小学館版を入手した時に附録を見てあっここにあった〜〜と嬉しかったのでつい書いてしまいました。

この口論というのは朔太郎の手紙でいう「痴話狂いの一條」で、白秋が盃を投げつけて朔太郎が泣いたという喧嘩です。その場にいない犀星に朔太郎は「白秋ナグレ」という旨の電報を打ったという…。
本人達は「痴話喧嘩」と確認し合って、その後も朔太郎は一緒に室生の所に旅に行こうとか家にきて同棲してくれとか
もたれかかりを続けていたんですが…白秋はもう応じず、次に前橋にやってくるのは大正十二年妻子同伴で一泊しているのみです。

う〜〜ん書き出すと延々書いてしまいますがひとまずここまでで…

近日番外編も更新したいです。
back-to-top